スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の5月末決着先送りについて11日、閣僚から解釈の異なる意見が出された。

 北沢俊美防衛相は「5月末の姿をどうみるかの話で、交渉が残るのは仕方ない。大きな枠組みをつくり、どの程度のものが解決でき、どの程度のものを5月末以降も協議していくかは当然現れる」と述べ、決着を先送りせざるを得ないとの見方を示した。米国、地元、連立与党の3者の合意については「全部クリアできれば一番いいが、少なくとも連立与党の合意は早急にやらないといけない」。地元との調整については「誠心誠意、説明する」と語った。

 一方、前原誠司国土交通相(沖縄北方担当相)は「5月に何らかの決断をして、さらにそれを進めていくということだ」と述べ、5月末決着を先送りする考えはないとの認識を示した。ただ「米国、地元、連立与党の3者が大きなファクター。地元にも賛成論もあれば反対論もある。5月31日で100%の方々に賛成を得るということはなかなか難しい」と指摘した。

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「地元の感情、日本国民全体の感情、米国の軍事政策上の観点をきちんと満足させる案が手品みたいに一挙にできないからといって、批判しまくるのはどうか」と鳩山由紀夫首相を擁護。「5月末までにピタリとすべてがオーケーだという状況が出ないからと言って、『けしからん。連立政権を解消します』とはならない」と予防線を張った。

【関連記事】
首相、普天間・日米実務者協議「国益、世界平和のため」
前原氏ら「鳩山続投容認」発言 狙いは“小鳩”分断&弱体化
普天間問題 許されぬ首相の逃げ切り
政府が5月末決着を先送り 断念普天間めぐり関係閣僚協議 混乱拡大へ
「ルーピー」と書かれた首相
少子化を止めろ!

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
野沢菜起源は「天王寺カブラ」=伝統野菜で魅力再発見(時事通信)
沖縄入り遅すぎた…首相に与党も厳しい評価(読売新聞)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

たしろきよはるさん

Author:たしろきよはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。